【横浜・川崎】エリアの方 アパート・マンションの原状回復工事のことならおまかせ下さい。

  • ホーム
  • ごあいさつ

  •  

    はじめまして、リメイクアドバイザーの工藤 一善です。
    私たち、リメイクプロは【横浜・川崎】エリアを中心に、アパート・マンションの退去後に発生する、「原状回復工事」を専門に施工する、創業18年の会社です。
    私たちは、退去後のお部屋を「再生」するという意味で「リフォーム」ではなく「リメイク」という言葉を提唱しております。もちろんデザイン性のある「リノベーション」や、建物全体の「大規模修繕工事」まで対応させていただきますが、一番得意とするのが、一般的な「原状回復工事」であり、特に繁忙期の対応力には自信があります。
    アパート・マンション経営にとって、一番の問題は「空室」だと思います。 すでに日本の住宅は700万戸以上も余っているといわれています。このような状況において 各種設備の流行や地域の特性に合わせた、物件ごとのオリジナルな対応をとらない限り、多くの大家さんは空室に悩むことになるでしょう。
    機械的に退去したお部屋をリメイクするだけの業者が多い中御希望のお客様には、私が空室対策のご相談に応じさせていただきます。
    私は、工事業者である傍ら、一般財団法人 日本不動産コミュニティーの神奈川第一支部長を任命されております。一般財団法人 日本不動産コミュニティー(以下、J-REC)の基本理念は「不動産取引に関わるすべての人がお互いの利益を尊重し合い、安心して取引できる世の中をつくる」です。
    健全なアパマン経営の基本は「満室」と考える私は、空室問題を真剣に考える管理会社様、オーナー様の、お力になりたいと思っております。
    J-RECでは、健全なアパマン経営を実現したいオーナー様や、より高度なコンサルティング技能を身につけ、顧客に安心したサービスを提供したい管理会社様などに真の知識を習得していただくための「資格制度」を認定しております。
    それが「賃貸経営実務検定」(通称:大家検定)です。
    神奈川第一支部では、定期的に認定講座を開催しているので、御興味のある方はご連絡下さい。 また最近は、各種アパマン経営に関する、講演依頼も多く、全国各地の大家さんとの交流の中から最新のアパマン経営に関する情報をフィードバックしております。
    詳しくは「アパート・マンション経営」応援サイト 「工藤一善.com」をご覧下さい。
    今後のアパマン経営は、まさに「勝ち組」と「負け組」がより鮮明となり、特に「負け組」の物件は入居率が50%以下ということも起こりうるでしょう。
    何もしなくても、満室経営ができていた時代は終わりました。これからは真剣にアパマン経営に取り組む物件だけが、生き残っていく、とてもシビアが現実が待ち受けています。
    こんな時代において、当社が少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。

                                                   代表取締役 工藤一善


メニュー
専門情報誌
 
◆2010/08
GLOBAL Owners 8月号

GLOBAL Owners 好かれる大家・嫌われる大家

◆2010/06
GLOBAL Owners 6月号

GLOBAL Owners なぜあの大家さんの部屋だけがすぐに決まるのか?

◆2010/03
GLOBAL Owners 3月号

GLOBAL Owners 原状回復「新」マニュアル

◆2009/12
ビジネスチャンス 12月号別冊

ビジネスチャンス 最強のプロを味方につけた家主の行動力

会社概要